お墓と仏事


建墓の時期について

お墓を建てる時期に一定のきまりはありません。

しかし仏教では、

死後四十九日で霊魂は天界へ旅立ち、

三回忌に冥界における運命が決まるという経文があり、

この間、相続者は十分に故人の追善供養を積みながら、

お墓を建てて供養をすませておくことが、

子孫のつとめであると一般的に言われています。

先祖、故人に対する供養の気持ちから

墓塔を建てる時期については、

人間を超越した仏のこととして、

極端に吉凶にとらわれることはないと思われます。

また生前にお墓を建てることを寿陵(じゅりょう)と呼び、

かなり高い割合で行なわれているようですが、

輪廻転生(りんねてんしょう)の考えから、

生前にお墓を建てることは、

長寿につながるとしておめでたいこととされています。

寿陵の開眼法要の場合には、

お祝いごとに準じた服装をし、

僧侶へのお布施も紅白ののし袋を使用し、

墓石に仏名または、俗名を刻んでおく場合、

文字に朱をいれておきます。






   墓地工事の前に


お墓の改葬(お墓を移転する)

または、整理(新しい墓石を建てる時など)をするときには、

工事前に『お魂ぬき』

(寺院の僧侶に依頼し読経をあげてもらう)を

しなければなりません。

これは開眼法要とは逆に、

既存墓石、所有墓地から魂を抜いて

無縁の石、もしくは無縁の墓地とします。

この『お魂ぬき』がすみしだい工事がおこなわれます。

その際、埋葬してある遺骨は掘り出されて

寺院(遺骨安置場)に工事の期間中預けられます。






お墓ができたら


お墓ができたら納骨に先立ち、

開眼法要(開眼料は墓地工事総工費の一割程度が

一般的となっております。)を行います。

この法要を営むことによって墓石に入魂され、

礼拝するにふさわしい尊さがそなわるとされています。

入魂式、入仏式、お魂入れ、性根入れ、など

宗派や土地柄によってさまざまに呼ばれ、

法要の営み方にも違いがあります。 一般的には,

線香、ローソク、酒、水、花、米、塩、

供物(野菜、菓子、果物)等

を用意して、とりおこないますが、

お願いする僧侶に事前に伺い、

おこたりなく取り揃えるようにいたしましょう。

尚、僧侶へのお礼は、お布施あるいは、

御経料としてお包みします。



◆ホーム◆会社案内◆基礎工事◆お墓のリフォーム◆お墓の引越し◆お墓のQ&A◆お客さまの声
◆お問い合わせ
◆お墓ディレクターに相談
◆リンク集◆施工例
Copyright (C) Mizusawa-sekizai Co.,Ltd. All rights reserved.